外国人が会社を選ぶポイントとは

外国人が会社を選ぶときのポイント 

近年、日本では多様な人材を活用して企業の競争力を高めようとするダイバーシティ推進の動きが活発化しています。特に、海外進出や海外企業との取引の増加に伴い、外国人を積極的に採用しようとする日本企業の動きはますます顕著になってきています。

日本企業における外国人採用の動きは、ますます活発化しています。最近では、アジアを中心とした海外展開を担うことができる人材獲得を目指す企業が増えており、また、開発現場を牽引する技術者の採用にも積極的です。

日本の大学や大学院から就職を希望する外国人留学生は全体の約7割に達しますが、実際に日本で就職する留学生は全体の約3割しかいません。その理由として留学生の76%が就職先として大企業を希望し、受け入れを考えている中堅、中小企業に目が向いていないことが挙げられます。

日本企業への就職の問題点として、外国人留学生の33.1%が「就職活動の仕組みが分からない」、32.2%が「入社後の仕事内容が明確にされない」ことを挙げました。日本企業に対する不満としては、大企業に対し35.6%が「昇進の見込みを感じられない」、中小企業に対し34.0%が「給料が安い」と回答。「能力や成果に応じた評価がされない」、「キャリアパスに対する考え方が異なる」など日本独特の考え方に首をひねる声も目立っています。

そこで外国人が会社を選ぶときに、特に以下のような点で判断しています。

  • 無駄な残業がない

  • 自分の仕事が終わったら帰れる

  • 自由参加の飲み会

  • 意思の通りやすさ

  • 米国水準の給与

  • 最先端のサービス

  • 効率重視

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です