よくある退職理由とは

多い退職理由

人間関係

業種や職種を問わず最も多い転職理由でしょう。ただし、素直に行ってはいけない理由でもあります。「同じ部署の○○さんが気に入らないので辞めます」と言えば辞めるまでの1ヶ月を毎日気まずく過ごす羽目になるのは想像に難くありません。

低賃金

こちらもよくある転職理由です。ただし給料が安いからと安易に辞めるのはおすすめできません。少しでもいい条件で雇用されるよう経験やスキルを身に着けて、企業に欲しがられる人間になってからでないと給料アップは伴わないからです。逆に能力がある人はすぐにでも転職した方がいいでしょう。

将来性

業界や会社に将来性がない場合はむしろ転職しないことがリスクです。20代のうちは未経験でも雇ってくれる職場はありますが、30代40代になって市場価値のあるスキルを身につけていない人間を欲しがる企業を探すのはとても骨が折れます。

激務

昨今ではブラック企業という言葉もある通り、薄給で激務をしている人も珍しくありません。体調管理が心配ですが、ブラック企業で数年耐えた経験は強みになります。体を壊す前に転職先を見つけましょう。

仕事がつまらない

仕事は遊びではないのでつまらないことがあって当然ですし、向き不向きもあります。この理由で転職したい人が注意すべきポイントは、具体的にやりたい仕事が明確になっていること。次も同じ理由で辞めないようにしましょう。

うまくいく退職理由の伝え方

 

健康上の理由を伝える

労働環境が悪く体を壊しかけている方におすすめの方法です。病院へ行き診断書をもらってきましょう。症状が重くなってからだと意志力や判断力に支障が出てくるので、くれぐれも無理はしすぎないでください。

キャリアアップしたい

やりたいことがあって挑戦したいという気持ちを伝えます。キャリアアップが目的で転職する人は多いので、よくある理由として伝えやすいでしょう。特にあなたが20代の場合は、未経験職へ転職できる限界が刻一刻と迫っています。良心を持った相手なら引き止めにくいはずです。

挑戦したい

「仕事が合わなかった」と素直に伝えるのは最も無難な方法かもしれません。誰のせいにもしていない上、なおかつどうしようもない理由だからです。ただし、配置換えをすると言われるリスクがありますので、この機会にあなたが本当にしたい仕事と向き合うといいかと思います。

退職時の注意点 

仕事を辞める際に注意したいのが、

・確実に辞められそうな理由を用意する
・辞めて終わりではない

の2点です。引き止められたりうやむやにされたりするリスクを最小限にしつつ、後味の悪さを残さないように辞めるのがポイントです。以下では具体的な注意点を見ていきましょう。

本音と建前を使い分ける

退職理由によっては本音でかまわないものと建前をいったほうがいいものがあります。例えば原因が他の人にあったとしても、あくまで自分の都合で辞めるというスタンスでいると波風立ちにくいかと思います。

引き止めにくい理由にする

今あなたが考えている退職理由に、どのぐらい引き止める余地があるのかを考えます。例えば、部署が少ない会社であれば違う仕事がしたい理由で辞める、年収アップに消極的な会社に対しては「もっと給料が必要だから」と伝えるというのも1つの手です。

退職の意志を伝える以上、1度引き止められると再び伝えるのには勇気がいります。1回で確実に決めましょう。

次の職場を決めてから転職する

仕事を辞める際は、退職の理由を考えるとともに次の転職先を決めておくと良いでしょう。「退職してからじっくりと仕事を探そう」という発想は、よほどの勝算がなければ避けるべきです。
退職後は収入が途切れるので、預金を切り崩す生活をすることになります。潤沢な預金があるならまだしも、そうでなければ日に日に焦りが大きくなり、妥協して転職先を決めてしまうことにもなりかねません。
特別な事情がない限りは、収入源を切らすことなく、金銭的・精神的余裕を持った上で次の職場を決めましょう。最後に、次の職場を選ぶ上で便利な転職エージェントを3つご紹介していきます。

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です