展示会を行う際に気をつけるポイントとメリット

展示会出展前にやるべきこと

展示会に出ても、「展示会の費用対効果が合わない」「なかなか商談に繋がらない」など、課題を持っている企業も少ないくないと思います。

目的を整理する

目的が不明確なままだと、ブースのメッセージやトークや活動など、一貫性がなくなってしまいます。「なんとなく」ではなく出展の目的をきちんと整理して決めておきましょう。

目標を決める

成果に繋げるためには目標の設定が不可欠です。 また目標に対して結果がどうだったか、振り返りも併せておこなうようにしましょう。

展示会後の継続的なフォロー

展示会の来場者の多くは情報収集段階です。すぐ商談にならなかったり興味を持っていただけなかったからといって、そのまま放置していてはもったいないです。 継続的なフォローや情報提供を行って興味喚起を行い、中長期的な成果に繋げましょう。

展示会のメリット

見込み客の囲い込み・リードを大量に獲得することができる

展示会のテーマや規模にもよりますが、数万人単位で来場する展示会であれば、会期である数日の間に数百人の方の名刺情報の獲得や商材をアピールすることができます。「一度に多くの見込み顧客を獲得したい!」という方にとってはとても有効な施策であるということができます。

展示会は情報収集が目的であることも多いですが、課題に合った商材やサービスであれば、商談なるケースもありますし、具体的に導入を検討している方も来場されますので、「短期的に受注を獲得したい」という方にもメリットのある施策のひとつだと思います。

対面での商品説明

「直接会うことができる」というのも展示会の大きなメリットです。初めてのお会いする来場者の方がほとんどだと思いますが、その方に向けて直接自社商材やサービスを説明・アピールすることができますし、質問にお答えしたり、課題などのヒアリングも可能です。

また、直接説明できるので、商材やサービスの内容だけでなく、会社や社員の雰囲気を伝えることができるのも、非対面でのマーケティング施策と異なるポイントです。

興味関心のある人しか来ない

展示会はあるテーマに絞った内容で開催されるため、来場者はそのテーマに興味のある方がほとんどです。つまり、一度に多くの方に会うことができるだけでなく、その方は出展した展示会のテーマに興味を持っている、つまりターゲティングがある程度できている状態ということができます。

宣伝効果

展示会には多くの方が来場されますので、直接お話できていない方でも、ブースやマップなどで会社名や商材名を目にしています。当社も展示会は継続的に出展していますが、何回も出続けていると、覚えてくださっている方もいらっしゃいます。

既存顧客とのコミュニケーション

既存顧客の方に「新しいサービスを展示会に出展するので、ぜひご来場ください」など、新サービスの紹介も兼ねてコミュニケーションのフックに活用することも可能です。ご来場いただければ、直接コミュニケーションをとることができますし、もしご来場いただけなくても、情報提供の機会にすることができます。

新規の見込み顧客や認知目的の出展が多いような印象もありますが、既存顧客向けに展示会をうまく活用している企業もいらっしゃいます。

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です