リファラル採用とそのメリットとは

リファラル採用とは

「リファラル(referral)」とは英語では紹介・推薦という意味で、リファラル採用は人材募集の際、社員を通して知人・友人の紹介・推薦を受け、採用選考を行う手法の事です。

リファラル採用は、自社の社員に適任と思われる候補を紹介してもらって選考するもので、採用コストを低くおさえられるわりに満足のいく結果が出やすいコストパフォーマンスの高さで、注目されています。

またコストパフォーマンスのほかにも、最初から自社の社風を良く理解している優秀な人材が確保しやすいといったメリットもあります。

注目されるリファラル採用

採用が売手市場となり、採用競争が激化している現在、求人広告や企業説明会等のイベントによる公募では、応募者の母数が足りず、適正やスキルの見合った人材を採用する事が困難な状況です。

また、せっかく採用に至っても適正の不一致、入社前とのギャップ等から早期離職となり、なかなか人材が定着しないというケースも少なくない現状から、信頼できる社員によって人材を集める「リファラル採用」が注目されているのです。

リファラル採用のメリット

リファラル採用には、実に多くのメリットがあります。

会社の文化に合う人財の採用・定着率の向上

自社の社風や特徴を熟知している社員からの紹介となりますから、採用するポジションにマッチする優秀な人材を採用できる可能性が高くなります。

通常の公募や人材紹介会社を起用する場合では、一見採用ポジションに見合った優秀な人材と思われても、実際に採用して自社の組織の文化や社風に合わない場合もあります。

組織文化に合わないと、採用された方も能力が発揮できません。リファラル採用の場合は、面接だけで得られる情報だけでなく、自社の組織文化を紹介する社員からあらかじめ聞いて納得した上での採用となります。

入社後の定着率が高い

リファラル採用に協力してくれる社員は、自分が勤めている会社を良い会社だと思った上で知人に勧めます。従って、その社員自身の勤続年数もすでに長いか長く勤める意思があり、その意思が伝わっている人材の定着率も高くなります。

また採用後も、社内に相談できる知人がいることで、コミュニケーション不足が原因でせっかく採用した人材も離職してしまうというケースも避けることができます。

 

幹部と社員が経営者目線になる

いまどんな人が会社に必要か、どんな人が入社すると会社がよくなるかといった人事に関わる話は、普通は経営者と一部の幹部、人事担当者しか考えないと思います。
ところがリファラル採用に関わる社員は、自然と普段からそれを考えるようになります。
副次的な効果ですが、リファラル採用を推進するとその結果として幹部と社員が経営者目線に近づくことが期待できます。

会社としてのまとまり感

会社の理念や大切にしている価値観に共感している社員が、会社に合う人を紹介してくれるリファラル採用は、当然会社の理念や大切にしている価値観に共感する最高の仲間が入社していきます。そのため、推進していくとだんだんと会社の一体感が醸成されていきます。

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です