ワークライフバランスに取り組むべき理由とは

ワークライフバランスとは

ワーク・ライフ・バランスとは、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の調和(バランス)を取る事、また、その状態を保ち多様な人材が働きやすい環境作りを目指す施策を指します。長時間労働、少子高齢化。仕事と生活とを両立しにくい労働環境が問題視され、近年ではこの「ワーク・ライフ・バランス」の重要性が注目されています。労働者、そして企業にとってメリットが大きいといわれるワーク・ライフ・バランスとは、どのような取り組みなのでしょうか。定義や目的、必要とされる背景から正しい意味を理解するとともに、施策事例や実現するためのポイント等についてみていきます。

仕事と生活の調和の実現に向けた取組は、人口減少時代において、企業の活力や競争力の源泉である有能な人材の確保・育成・定着の可能性を高めるものです。とりわけ現状でも人材確保が困難な中小企業において、その取組の利点は大きく、これを契機とした業務の見直しなどにより生産性向上につなげることも可能です。

企業のメリット

生産性の向上・残業時間の削減

日本は欧米と比較して、労働時間が長く生産性が低いといわれています。時間に依存した働き方は効率化への意識が薄れやすく、重要ではない業務に時間をかけてしまうなど生産性の低下につながっていることも指摘されています。ワーク・ライフ・バランスの導入で業務配分や仕事の進め方を見直し、生産性の向上に成功している例がいくつもあります。

ダイバーシティを経営に活かせる

多様な価値観やバッググラウンドを持つ人間が集まれば、新たな発想や改革が生まれるなど企業の競争力につながります。 中でも、女性の視点を取り入れた商品開発やサービスが市場の評価を高めており、女性は企業にとって重要な戦力となっています。

仕事と家庭を両立できる労働環境があれば、スキルとノウハウを持った人材を失うリスクを軽減できます。女性が働きやすい職場をつくることのメリットは大きいといえるでしょう。

ワークライフバランスに必要な取組

 

職場環境づくり

ワークライフバランスは、ただ担当者が先導して取り組むだけでは成功することはありません。なぜなら、社内の業務やマネジメントのあり方を見直す必要があるからです。
しっかりと経営トップが「経営戦略」と関連付けてワークライフバランスへ取り組み、意識改革を従業員に示す必要性があります。

しっかりした社内体制

ワークライフバランスの取り組みを推進するためには、実働部隊となる担当者や担当部署の存在が重要です。社内の緩衝材となり、コミュニケーションを取り持つ影の立役者となれば、取り組みをよりスムーズに社内に浸透させることができます。

業務改善の取組

生産性の高い職場環境を構築するためには、これまでの業務のやり方を見直して無駄を減らしたり、業務改善に取り込む必要があります。そのためには、日々の業務の棚卸しを行い、無駄はないか、改善点はないかを検討することが求められます。

 

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です