【次世代グローバル人材】フロンティア人材とは

フロンティア人材とは

一言で言えば、新事業創造を構想・創造する人材のことです。

日本経済にとって、イノベーションを通した経済成長は最重要課題です。経済成長の実現は、個々の企業活動の積み重ねを通して実現しますが、そのためには、個々の企業がグローバルな市場において様々な付加価値を提供することで、新たな市場や顧客を生み出す能動的な企業活動が必要です。一方、過去20年間の減量経営の中で現業の効率化を志向するあまり、グローバル市場において新たな付加価値を提供するための方法論を確立している企業はごく僅かです。
しかしながら、日本経済全体が、地球規模の競争に益々直面していく中で、少数の企業だけが新事業・新製品創造の競争力をもつようでは、日本国経済の先行きは暗い。大企業から中堅・中小も含めた多数の企業が新事業創造の力を持ち、グローバル市場において競争力を発揮することが極めて必要です。
日本企業は、過去20年コストカットによる「減量経営」が主軸でした。真の顧客志向でグローバルに通用する新事業を創造するための「新事業創造経営」が必要とされています。
こうしたフロンティア人材の発掘・育成・活用を中心にして、今後のイノベーション、企業経営、人材マネジメント、社会システムの在り方を議論する必要があるのです。

フロンティア人材育成に必要なこと

経営者

新事業創造に対して明確なビジョン・戦略を提示し、社内エコシステムを構築し、新事業創造を牽引する。

事業創造人材・チーム

事業創造人材を中心として、「発想」と「実行」のバランスの取れたチームを組成し、顧客課題の解決に向けた製品・サービスを開発する。

加速支援者

事業創造人材・チームに対してアドバイスや、社内外のリソース発掘・紹介を行い、新事業創造の加速を支援する。

組織インフラ

社内外の情報収集・活用・予算・人事評価・人材育成・企業文化

現在取り組む事業を維持・発展させていく経営手法に加えて、新事業創造の経営手法が必要であること、そのためには新事業創造の社内システムの構築が必要です。その実現のためには、「人」「組織」「社会」の三方に目を配りながら社内システム構築・運用を実践する経営者の実践活動が不可欠です。

 

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です