外国人採用の国別の違い -ベトナム人材編-

どこの国の外国人採用が多いのか

この図の通り、中国・韓国・フィリピン・ベトナムと続きます。

国別による労働性の違いとは

-ベトナム人材-

ベトナムでの労働習慣

ベトナムのほとんどの会社は始業時間が早く、基本的には8時から17時半まで、8時間就労となっています。遅くとも8時半から6時までです。

朝早い習慣でベトナム人は家族を大切にし、残業は基本的にはありません。独身の人は就業時間が終わったら、学校へ行ったりジムなどへ行ったりして、結婚している人はできるだけ就業時間内に仕事を終わらせて、残りの時間は子供と家族の時間にするのが一般的です。

しかし、必ずしも残業しないというわけではなく、プロジェクトの期限を守るために、間に合わなさそう場合、チームメンバーの全員と話しあい、責任を持って仕事を完成するように頑張ります。現状残業が多い会社もありますが、残業が続く会社だと、退職率が高いです。

会社についての考え方

ベトナム人は働く会社を選ぶ時、自分の専門に会うかどうかの条件以外に、給与で決める傾向があります。給与がちょっと低くても、福祉制度や待遇制度がよければ選びます。これはベトナム人の転職率が高いことにつながるかもしれません。

また評価の条件としては公平に評価し、生産性・能力に応じて評価するのが一般的ですが、ベトナム人の場合、基本的には給与の面に対して満足しているのであれば、その会社で長く働くことに紐付いている状態です。

ベトナム情勢の変化

以前ですと海外進出といえば、「中国」であった企業が多かったですが、近年中国-日本間での政治問題や賃金の上昇が要因で日系企業の進出先に変化が起き、東南アジアが注目されています。その中でも、ベトナムが政府・企業に特に注目されています。
ベトナムの人口は約9,000万人いますが、その約6割が30歳未満であり、平均年齢は28歳と若い労働力が豊富です。また、識字率が90%を超えており、東南アジア諸国の中でも比較的教育水準が高いと言われています。
2025年までの「世界都市別平均経済成長率」のランキングにおいて、他国の都市を押さえて、1位に首都のハノイ、2位に最大の経済都市ホーチミンが選ばれており、その為、日本政府はベトナムに対して最大のODA援助を実施しています。
ベトナム人を採用することで、ベトナムの情報をリアルに、得ることができ、ベトナムの文化・ベトナム人の習慣などをリアルに理解することでビジネスでの成功率を高めます。

-中国人材編-はこちら

-韓国人材編-はこちら

-フィリピン人材編-はこちら

-モンゴル編人材編-はこちら

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です