外国人採用の国別の違い -韓国人材編-

どこの国の外国人採用が多いのか

国別による労働性の違いとは

-韓国人材-

韓国人留学生減少の原因

日本で高等教育を受ける韓国からの留学生は東日本大震災後から徐々に減少しいます。しかし、他国からの留学生が数年前から増えてきている今、もはや震災が原因の全てだとは言えないでしょう。今留学生に影響を与えている原因といえば、日本経済への魅力の減少や日韓関係の悪化があげられます。

韓国人留学生のイメージ

この日韓関係問題で、日本企業サイドには韓国に対して良いイメージを持っていない方もいると思います。朝日新聞社と東亜日報社の共同世論調査によると、韓国のイメージがこの5年間で悪くなったと答えた割合は約60%でした。しかし、日本に留学している学生たちは日本が好きで日本に来ています。

また、日本で就職したい韓国留学生はとても優秀です。その背景には韓国国内における大卒の就職率の悪さがあり、韓国のによると高等教育卒業者の就職率は実に約50%でした。このような状況のため、優秀な韓国人学生は海外で働こうという志向が強く、日本での就職を目指す学生は、韓国国にある日本語・専門学校に2年ほど通ってから日本の大学または大学院に入学する人が少なくありません。韓国語は日本語に最も近しい言語で覚えやすいということに相まって、日本の大学を卒業した頃には彼らは日本語を流暢に操ります。

韓国人人材を採用するメリット

日本の大企業は韓国人学生の新卒採用を、人材のグローバル化を進めるために多く採用しています。韓国人の多くは、給料が高いから日本企業に応募するのではなく、自らのキャリアを高めたい、という前向きな動機を持っており、最近の日本人学生と意識は変わりません。一方、中小企業にとっては、日本では採れない優秀な人材を確保できることが大きなメリットです。

 

-ベトナム人材編-はこちら

-中国人材編-はこちら

-フィリピン人材編-はこちら

-モンゴル編人材編-はこちら

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です