転職の準備と手続き

転職準備の重要性

転職準備を重要視すべき理由は、大きく2点あります。

  • 転職活動の指針を明確化して、スムーズに転職するため
  • 転職先に妥協しないため

転職活動は選択と迷いの連続です。どの企業を受けるか、どの条件を優先するか、どのタイミングで退職するかなど、一つ一つの選択が転職の成功を左右します。

もし転職活動の指針を明確にしないまま、なんとなく転職活動をはじめてしまうと、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 自分の強みや弱みをしっかり把握できずに、面接で口ごもってしまう
  • 最も優先すべき転職の条件がわからなくなり、希望に沿わない転職先に決めてしまう
  • 退職時期の折り合いがつかず、後味の悪い退社(入社)になってしまう

指針の明確化とは、いわば転職活動をどう進めていくかという地図を作成すること。地図が明確であればあるほど、目的地に最短距離でたどり着くことができます。妥協しないためにも、そして早く転職活動を終えるためにも、転職活動前には指針を明確にしておきましょう。

転職準備の具体的な流れと期間

転職準備は、主に以下の流れに沿って進めていきましょう。

転職活動全般にかける時間は、3ヶ月から長くとも半年程度と言われています。
半年以上費やしてしまうと、転職活動にメリハリがなくなり、転職活動が中だるみしてしまう可能性があります。またあまりに転職期間が長すぎると、採用企業側から「何か問題があるのでは」と疑われてしまうことも。

転職活動の長期化を防ぐためには、準備期間を1ヶ月から2ヶ月程度と定め、限られた時間で進められるよう計画することが大切です。ここからは、各準備内容の具体的なポイントについて触れていきます。

各準備内容の具体的な方法とポイント

転職の目的と将来像を考える

転職動機は人によってさまざまです。一時の感情や日々のストレスなどで、急に思い立って転職したいと思うこともあるでしょう。そんな時、上記を深掘りすることで、転職すべき時期は今なのか、そもそも本当に転職すべきなのかを、冷静に判断することができます。

以下ポイントを具体化しておきましょう。

  • 転職の目的・理由(なぜ転職したいのか)
  • 転職の必要性(今の会社では実現できないことなのか、必ず転職しなければいけないのか)
  • 転職によって実現したいこと(年収・待遇・勤務形態など)
  • 転職後の将来像(仮に転職に成功したとして、5年後、10年後にどんな自分になっていたいか)

「転職によって実現したいこと」について、多数の条件が浮かぶ場合は、優先順位をつけておきましょう。全ての条件を満たす転職先というのは、なかなか見つからないものです。内定がもらえたとしても、いくつかの希望がかなわないこともあります。

そんな時、最も重要な条件は何か、妥協してもよい条件は何かを整理しておけば、内定を受けるかどうかの判断を下しやすくなります。

 転職計画を立てる(スケジューリング)

転職計画が曖昧だと、転職活動の期間が長期化する恐れがあります。どの時期に何をすべきか、どれくらいの時間を要するかなどをスケジューリングしましょう。

例えば退職準備期間がうまく設けられないと、現在の会社に迷惑をかけるばかりか、退職交渉がうまくいかずに、転職先企業にも迷惑をかける場合があります。また、現在の会社の繁忙期と面接時期が重なってしまうと、うまく面接の時間が練れないことも。

気持ちよく退職・転職するためにも、3ヶ月から半年を目処にして、どのように転職活動を進めるか、具体化しておきましょう。

また転職期間中は、何かと費用がかさむもの。資格を取得しなければならない場合は、資格取得のための費用が必要ですし、退職後に転職活動を行う場合は、転職先が決定するまでの生活費が必要になります。

転職計画は、転職準備期間から入社までの期間を含めて考えます。3ヶ月から半年を目処に、転職活動全体の計画を立てましょう。

退職願

退職日が決まったら、早めに退職願を出しましょう。退職の意思を口頭で伝えていたとしても、別途「書面」にして提出するのが基本です。企業によっては自社で退職願の用紙やフォーマットを用意している場合もありますので、人事部門に確認してみましょう。

会社に返却するもの

  •   健康保険証(扶養家族分も一緒に返却)
  •   身分証明書(カードキーや社章など、現会社の社員であることを証明するもの全て)
  •   名刺(自分の名刺はもちろん、仕事上で得た取引先の名刺も返却します)
  •   通勤定期券(原則、退職日に返却します)
  •   社費で購入した文房具類・図書
  •   制服・作業着(クリーニングして返却するのがマナーです)
    ※ その他資料はもちろん、業務書類も会社の資産となります。

会社から受け取るもの

  •  離職票(次の会社が決まっている人には必要ありません)
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
    ※ 離職票・源泉徴収票は退職日には受け取れず、後日発行されるので、いつになるかということを確認し、自宅に郵送してもらうようお願いしておきましょう。
  •   健康保険被保険者資格喪失確認通知書(失業中に国民健康保険への切り替えを行なう場合に必要)
  •   退職証明書(希望者のみ)
  •   在籍期間証明書(希望者のみ)

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です