人材紹介会社の活用とメリット

人材紹介会社を選ぶ前に

求める人材のポジションと役割を明確にする

まずは、採用活動のスタート地点に立つために、自社で採用したい人材のポジションと役割を整理することが重要です。
急募でなければ、どの職種のどの領域(事業など)で、「何を目的に採用するのか」といった原理原則に立ち返ってから、上記の条件を組み合わせ、求める人材を整理し、戦略的に採用していくことが重要です。

カテゴリーごと組み合わせて紹介会社を選定する

次に、紹介会社を選ぶときに意識したいことを考えてみます。ここで考えなければいけないのが『紹介会社の規模』です。

当然、紹介会社は1社だけでなく複数社と付き合うかと思いますが、選定の際、最低でも上記のカテゴリーごとに3社以上ピックアップして、それぞれを組み合わせてサービスを活用していったほうが良いでしょう。
たとえば、大手紹介会社のみを活用するとします。紹介会社の規模が大きければ大きいほど、求人数・求職者数が多いため、それに比例して多くのエージェントの方が働いています。よってその分、サービスのクオリティが属人的になりやすい可能性があります。
中には、「なぜこのこの方を紹介したのだろうか」「本人の志望を確認してくれたのだろうか」というミスマッチが起こってしまうケースも散見されます。

また、さまざまな顧客とお付き合いをしているため、一人の候補者に関して採用におけるバッティングが多々発生する可能性もあり、競り負けてしまうかもしれません。

そのため、大手の人材紹介会社のみを活用する際は、上記を考慮する必要があります。ただし、知名度の高い紹介会社には、自社が求める「即戦力クラスの人材」が数多く登録している可能性が高いため、選択肢としては当然入れておくべきだと思います。

規模や専門領域などの組み合わせを考えることに加えて、何よりも重要なのは『エージェント個人』として長くお付き合いができる紹介会社を選ぶことです。多くの求職者を紹介してくれるとは限りませんが、たくさんのメリットが考えられます。

それは、自社のことをとにかく良く知ってくれていることがまず挙げられます。最低ラインのスクリーニングを当たり前のように対応してくれます。自社も求職者もよく知っている状態で提案をしてくれるため、無駄な工数がかからず一発必中で採用できる可能性もあります。

企業が採用時に利用する募集方法

人材紹介会社との付き合い方のお話の前に、企業が採用をする際の一般的な募集方法について、どのようなものがあるのか、改めてお伝えしたいと思います。
一般的に企業の人材募集の手段には、以下の方法が挙げられます。

公募

自社HPに採用情報を掲載。広告費用がかからず、また興味を持った人材が直接アプローチをしてくれるため、社名で人が集まる大手企業などでは費用対効果は高いです。一方、求職者からのアプローチを待つ形になるため、普段から自社のHPを見られる機会がない企業だと、応募までの時間がかかり、母集団形成は難しくなります。

知人等の紹介

費用がかからず、知り合い伝手だと人物の信用度が高い傾向があります。一方、通常の選考フローと別枠で実施することが多いため、応募者の実力がみえないケースもあるので注意が必要です。

ハローワーク

費用がかからないことが最大のメリットであり、かつ離職中の方が応募されるケースが多い手法です。しかし、募集要件マッチしていない人材に対しても面談や事務処理の必要があるため、労力に対しての成果が出づらいケースもあります。

求人広告(紙、WEB、新聞等)

特にWEB媒体だと広く発信でき、多くの求職者に周知できるため、ある程度以上の金額の企画に広告を掲載すれば母集団形成がしやすい手段です。但し、媒体掲載費用は採用可否に関わらず発生するため、うまく活用しないと費用対効果を感じられないこともあります。

人材紹介会社

各種手段の中では、比較的採用コストが高めですが、料金体系が成功報酬型なので採用に至るまでは無料で利用することができます。また、基本的には自社のニーズに合った人材のみ推薦されるため、無駄な採用の手間が軽減されます。

基本的に採用コストを抑えたいという企業が多いと思いますが、近年、人材紹介会社への需要は高まっており、求人依頼数、相談件数は増えております。
なぜならば、前述の通り、売り手市場となっており、採用活動に苦戦するケースが増えているため、どうしたら良い方を採用できるのか相談したい、またコストをかけてでも良い人材を確保したいという企業が増えているからです。

人材紹介会社の活用メリット

では、人材紹介会社を利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

求人企業の情報が豊富だからミスマッチ転職が防げる

求職者にとって、人材紹介会社を利用するメリットはさまざまある。

1つは、求人企業について豊富な情報が得られることだ。人材紹介会社は、紹介依頼の申し込みのあった企業を訪問し、採用担当者や人事部長はもちろん、採用予定の部署の長、中小企業などの場合は経営者とも面会し、求める人材の能力や経験、資格、仕事内容、組織風土や経営者の考え方といった情報を収集している。求職者は、これらの情報をもとに希望する転職先を絞り込むことができるし、イメージと実際の業務とのギャップから生じる「ミスマッチ転職」を回避することもできる。

2つめは、客観的なキャリア診断によって自分の市場価値が把握できることだ。人材紹介会社にはさまざまな求職者が登録しており、各登録者の履歴書、職務経歴書などがデータベース化されている。コンサルタントは、業種、職種、年齢、経歴などによってどのくらいのポジションや年収が得られるのか、多くのサンプルを把握しているため、求職者は今の会社での自分の評価が妥当であるか、転職するならどの位の年収、ポジションを目指せるのか、客観的にアドバイスしてもらえる。

転職相談をしながら キャリアの方向を決められる

若年者層など、キャリアが乏しく自分の適職や可能性を見極めるのが難しい人の場合、人材紹介会社を利用すれば、転職相談をしながらキャリアの方向性を定めることができる。たいていのコンサルタントは業界や職種ごとに得意分野を持っており、その分野での売れ筋のスキルを知っている。求職者は、売れる人材になるために、今後どんなスキルを身に付ければよいかアドバイスしてもらうことができるし、それに沿った転職先を探してもらうこともできる。
さらに、コンサルタントは求職者の経歴や人柄から売りになる要素を引き出し、求職者に代わって求人企業にアピールしてくれる。ときには、求職者自身が気付かなかったセールスポイントが導き出され、それが自信につながったというケースもある。

また、残業の有無、休暇の取得状況など企業からは聞き出しにくい情報が、コンサルタントを通じて得られる点も心強い。

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です