悩みの後継者不足への解決法とは

heir hr

人手不足による影響

人手不足の中、帝国データバンクが人手不足業界ランキングを公表しています。

正社員が不足している業界ランキング
1位 放送 66.7%
2位 情報サービス 66.5%
3位 医薬品・日用雑貨品小売 64%
4位 旅館・ホテル 57.6%
5位 メンテナンス・警備・検査 57.3%
6位 飲食店 54.3%
7位 自動車・部品小売 54.2%
8位 建設 53.6%
9位 飲食料品小売 52%
10位 運輸・倉庫 51.9%

非正規社員が不足している業界ランキング
1位 飲食店 85.7%
2位 飲食料品小売 65.8%
3位 旅館・ホテル 59.4%
4位 家具類小売 57.1%
5位 メンテナンス・警備・検査 53.5%
6位 人材派遣・紹介 52.1%
7位 医薬品・日用雑貨品小売 52%
8位 娯楽サービス 52%
9位 各種商品小売 50%
10位 繊維・繊維製品・服飾品小売 48.5%

人手不足業界ランキングは上記の通りとなっており、正社員では放送業界、非正規社員では飲食店で人が足りていないという企業が多かった結果になっています。
企業規模でも大企業・中小企業の何れでも半数近くの企業が人手不足と答えており、零細企業ですら30%以上が人手不足と答えています。
放送業界はテレビ局では無く多分制作会社が人手不足、IT業界は単純に慢性的な人手不足。医薬品・日用雑貨品小売業界はドラッグストアなどの他、医薬品卸大手など業界自体に危機感。

旅館やホテルはご存知訪日外国人観光客の増加で一気に人手不足、メンテナンス・警備・検査は求人増加で他業界へ流出した可能性が高い。

農家の跡継ぎ問題

高齢になったけれど後継ぎがいないため、後継ぎを探している農家があります。 また、株式会社化した農家で生産ノウハウを受け継いでいく人材を探している場合もあります。 農業を始めたいと考えている人にとっては、後継ぎ募集を利用すると様々なメリットがあるので、可能性の1つとして検討してみてはどうでしょうか。

農家の問題背景

農家に跡継ぎがいないという事態は結構あります。 まず、子どもがいなくて、後を頼める親戚もいないという場合です。 それ以外にも後継ぎがいない場合があります。 高度経済成長以降、高学歴社会になっていきました。

その結果、子どもが都会の大学に進学してそのまま就職してしまい、農家を継がないというケースが増えるようになりました。 また、子どもが女の子だった場合は結婚して農家を出て行ってしまうというケースもあります。

このため、長年耕してきた農地に愛着のある人は農地や農機具などを農業を続けてくれる人に受け継がせたいと考える場合があります。 この場合は後継にあたっては土地や動産などの権利関係を明確にしておく必要があります。

また、株式会社化した農家では、将来の生産の中核を担う人材を探しています。 社員に経営や生産のノウハウを受け継がせることで会社の存続を図ろうとするものです。 こちら社員募集の形になるので、土地や動産などの権利関係は生じません。

跡継ぎ募集の問題

heir hr

高齢になった農家の後継ぎ募集は行政がバックアップしています。 このプロジェクトには国から助成金が出ます。 助成金は研修費用の一部補助に充てられます。

研修期間中に農業経営者は後継を希望する人に農業経営や農業指導を行うので、後継を希望する人は様々な農業のノウハウを実地で学ぶことが可能となります。 継承にあたっては土地や動産などの権利関係の譲渡が必要となりますが、行政などがサポートします。

必要がある場合には、税理士など専門家の派遣もあるのであとで権利関係で揉めることがなく安心です。 一方、会社の形態で後継を募集している場合は、農業関係の求人を探すと見つかります。

雇用形態は正社員で、社会保険を完備しているところが多いです。 寮があったり住宅手当があったりする場合もあります。 募集されている業種は酪農から稲作まで幅広いです。 こちらの場合は社員として給料をもらいながら農業経営や農業技術のノウハウを学んでいくことになります。

跡継ぎ募集のためのスキル

農家の後継ぎ募集では高齢の農家の後継ぎ募集に応募するにせよ、会社の社員募集に応募するにせよ、実地で農業経営や農業技術のスキルを身につけられるというメリットがあります。 農業の成果はその土地の風土も関係するので、自分が就農したいと考える地域で実地で学んだほうが効率が良いといえます。

また、一から自分で農業をするより経験豊富な人からアドバイスを受けたほうが作物を確実に収穫できるでしょう。 高齢の農家の後継ぎ募集の場合は、研修後に農地や農業器具を受け継ぐことができるのですぐに自分で農業を始めることができます。

デメリットとしては全て自分で行うことになるため、経営失敗の責任も自分で引き受けなければならないということがあります。 会社の社員募集の場合は、さらにスキルを身につけながら働き続けられます。

給与が支払われるので生活面では安定します。 自分で独立して農業経営をした場合は、農地や農業器具を自分で調達する必要があります。

職場環境

heir hr

「給料が安いのに、遅くまで働いている」「休みがなかなかない」「キャリアステップが見えない」「悪評が広まってしまっている」など、そもそも「この会社で働きたくない」と思われてしまっては、退職者も増え、労働者も集まりにくくなって人材不足に陥ります。

特に現在はネットにより悪評が広まりやすくなっており、求人難、従業員退職が多い企業は、職場環境を見直す必要があるかもしれません。

ただ、待遇をあげることが改善の一つですが、利益とのバランスを鑑みないと「人件費高騰」による倒産を招いてしまいます。
給与面以外でも働きやすい環境に関して見直す必要があるでしょう。

heir hr

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です