効果的な求人と応募数を増やす対応策

requirement

求人を出しても応募が来ないのはなぜか

requirement

入社してみないと実際の仕事内容が詳しくわからないことや、社内独自の仕事ルールに適応できるかどうかなどが不安視されています。

また、求職者が転職にともなうリスク軽減について心がけていることは、「応募前にしっかりと仕事内容や条件を確認する」という意見が多く挙げられました。
転職にあたり、応募前の企業情報や関連情報の収集を欠かさないといったことがリスク回避に繋がると考えられているようです。
「検索する」ことが当たり前になっている世の中で、「求人情報が少ない」ことは不安要素に大いになり得るということです。

応募が来るための対応策

requirement

求人情報が不足していると、そもそも応募の検討にあがらなかったり、応募する際の決定打に欠けてしまいます。また、特に仕事内容の情報が少なかったり、雇用形態が不明瞭な場合だと疑われてしまう可能性もあります。

仕事内容の詳細

どのような商品を、誰に、何のために、どのような手法で営業するかなど、公開できる情報はできるだけ具体的に書くことをオススメします。

数字を明確にする

数字が入っていると、具体性や信憑性がグッと増すのでオススメです。

採用エージェントの活用

求人広告や求人票では、文字数や原稿スペースなどが限られるため、すべてを伝えることは難しいかもしれません。

採用のためのサイトで、求人媒体などに載せきれなかった情報を補うことができます。自社の魅力や社風を、写真を豊富に使いアピールし、求職者に働きがいや働きやすさをイメージしてもらいやすくなります。

求人の情報

条件面を重視する求職者が多いのは事実です。

条件面は、中には見直すべきものもあるかもしれませんが、すぐには改善できないものが多いはずです。そういう場合は、求職者に少しでも魅力的だと感じてもらえるように求人情報の書き方を工夫しましょう。

求人媒体

Web求人媒体、紙求人媒体ともに、ハイスピードで多様化が進んでいます。
ピンポイントで採用が行なえるような「専門的」な求人媒体も増えてきています。

一言に「求人媒体」と言っても、それぞれ特徴があります。求職者にも様々な方がいますから、それぞれに特化した求人媒体があるのです。

大きく分けると、「新卒採用」「中途採用(転職)」「アルバイト・パート募集」「女性採用」「業種別採用」「SNS型」「クラウドソーシング」などがあります。どのような人を採用したいかに合わせて、適切な求人媒体を選ぶ必要があります。

requirement

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です