ベトナム人採用のメリットとは

vietnamese work

ベトナム人採用

以前ですと海外進出といえば、「中国」であった企業が多かったですが、近年中国-日本間での政治問題や賃金の上昇が要因で日系企業の進出先に変化が起き、東南アジアが注目されています。その中でもベトナムが政府・企業に特に注目されていることを皆様はご存知でしょうか。
ベトナムの人口は約9,000万人いますが、その約6割が30歳未満であり、平均年齢は28歳と若い労働力が豊富です。また、識字率が90%を超えており、東南アジア諸国の中でも比較的教育水準が高いと言われています。
2025年までの「世界都市別平均経済成長率」のランキングにおいて、他国の都市を押さえて1位に首都のハノイ、2位に最大の経済都市ホーチミンが選ばれており、日本政府はベトナムに対して最大のODA援助を実施しています。
このような理由で、日本企業はベトナムへどんどん進出をしていますが、ご存知の通り、その土地で成功するには、やはり現地の言葉がわかり、ネットワークがあり、情報を深く理解している現地の人を雇用するのが最も効果的です。
ベトナム人を採用することで、ベトナムの情報をリアルに得ることができ、ベトナムの文化・ベトナム人の習慣などをリアルに理解することでビジネスでの成功率を高めます。
日本人は、無意識な部分もあるかと思いますが、「自国民のみを信用する」という特殊な考えを持っています。しかし、外国でビジネスをする場合、その国の国民を信頼し、その国にどう貢献出来るか、という事を理解して進めていかない限り、現地でのビジネスは成立しません。
進出前、拡大前にベトナムの情報をベトナム人から取得し、ベトナムでのビジネスを如何に成功させるか、事前対策や分析することが成功の秘訣になります。

他国とのコミュニケーション

ベトナム人は元々世界各国に興味を持っているため、異文化のカルチャーを多く知っています。そのため、日本では考えられないようなことに敏感に気付いたり、新しいアイディアを出す事を得意としています。
急速にグローバル化が進む中、このような多様性は非常に大切であり、歴史的な背景上、ベトナム人は異文化コミュニケーションを得意としている為、溶け込みやすい性格の方が多いです。
ベトナム都市部へ行かれた方はよく見られた光景かと思いますが、英語や日本語の実践の場としてベトナムの学生達は公園で散歩をしている外国人に積極的に話しかけ、楽しそうに皆でお話をしている姿をよく見ます。

ベトナム人の採用方法

vietnamese work
それでは、ベトナム人を採用するには、一体どのような方法を取るのが効果的なのでしょうか。
事例と共にご紹介させていただきます。
現在、日本でのベトナム人採用ケースは、以下の3つのパターンに分類する事が出来ます。
  • ベトナム法人とのコミュニケーターとしてベトナム人を採用
  • 日本人同様の扱いとしてベトナム人を採用(日本語ネイティブ)
  • 国籍の関係なく、スキルがある優秀なベトナム人採用(エンジニア等、特に IT)

近年、どこにいても外国人労働者を目にすることが増えてきた。飲食チェーン店やコンビニでは、外国人スタッフがもはや当たり前になってきた。

建設現場、工場、物流でも、外国人をよく見かける。地方に行けば、農業や水産加工業などで外国人は重要な戦力となっている。

ベトナム人の特徴

  • 器用 :手先が非常に器用で、工場での不良品歩留まりは1%未満、ロボットコンテスト等では常に上位にランクインします。
  • 向上心:非常に真面目で貪欲な学習力を持っております。
  • 記憶力:IT、理数教育などが彼らの地頭の良さを生んでいると思われます。

    ベトナム人の教育

    「褒めて伸ばす」この日本式のマネジメントこそ、彼らに伝わると感じます。よくプライドが高い、人前で怒るといなくなる、などの都市伝説がありますが、 こんなものは、日本人だって同じ。向上心の高さとプライドの高さは違います。

    「褒めて伸ばす」このハートフルな対応こそ、ベトナム人に伝わるマネジメントであり、その効果は日本人より明瞭に発揮すると思われます。

vietnamese work

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です