人手不足の零細企業が人材確保するには

hr shortage

零細企業の人材確保

hr shortage

会社のステージが少しずつ上がってくると、中小零細企業でも人材獲得に向けて経営者が活発に動き始めますが、零細企業にとって、優秀な人材を集めることは非常に難しい課題となっております。

零細企業は、社長のワンマン会社という場合が多く、社長が会社の業務の全般に関わって、ルーティンンワークなどの業務に追われて、本来の会社経営ができていない場合もあります。
社長の仕事に対する価値観や使命感に共感して、社長の片腕となる人材がいれば、日常の業務などを任せることができるので、社長は本来の経営の業務に専念をすることができます。
そのような人材は、経費が高くついても人材紹介の会社に依頼をして、ヘッドハンティングなどで探すことが効果的だと考えられます。

なぜ人材が集まらないのか

零細企業では、優秀な人材を採用することができず、困っている企業は多いと言われています。
中小企業の採用活動がうまくいかない理由として考えられることに、企業の知名度が低い・給与や待遇が大手よりよくない・企業の安定性の心配がありキャリアが描きにくい、という3要素が上げられます。

知名度の低さ

中小企業は、大企業に比べて知名度が低い場合が多いということが、中小企業が採用活動を行う上で大企業より不利になってしまっている原因です。
知名度が低い企業はメディアでの露出も低く、なかなか企業について応募者側に知ってもらうことは難しく、会社の知名度を上げるための戦略を立てて行動していかなければ求人情報をお就職希望者に見てもらうチャンスを増やすことができないのです。

給与・待遇面での優劣

求職者が給与や待遇面だけを気にして求人に応募してくるということはあまりないかもしれませんが、実際生活にかかわってくる給与額・福利厚生等の待遇面を気にしない応募者の方が少ないでしょう。
給与や待遇が大企業より悪くなってしまう事実は踏まえておき、それでも応募者が集まるように対策をしていく必要があるでしょう。

優秀な人材を大企業から引き抜く際も、給与面で満足してもらうための覚悟は必要になるのではないでしょうか。

企業の安定性・キャリアが描きにくい問題

大企業であれば、社員数が多く人事評価制度もしっかりしていると考えられることから、中小企業よりも大企業に就職したいと考える人が多いという現実があります。

中小企業は大企業よりも人員が少なく、経営状況の善し悪しによって人事制度が変わってしまうことが多いことでしょう。頻繁に人事制度が変わってしまう可能性のある中小企業では、自分のキャリアを形成していくことが難しいと判断する人も多いのです。

優秀な人材

大手企業が増加した利益を採用のために使い、優秀な人材の確保ができるのに対し、零細企業は採用にコストをかけることができません。

任せっきりの採用業務

しかし、採用にかけるコストがだけが優秀な人材が集まらない原因ではありません。ある会社では採用業務を総務担当者や該当部署長に全て任せて行っていました。単純作業のアルバイトや一般事務職を募集するのならまだよいのですが、将来の幹部候補の募集時も担当者に任せっきりという状態では優秀な人材は集まりません。少なくとも面接には社長が直接関わり、優秀な人材を見極め採用を決定すべきなのです。

人員補充形式の採用方法

中小企業でよくある採用の現場では、社員がひとり辞める毎に人員を確保するという採用方法。しかし、このような採用方法を取っている限り安定的な人材確保はできません。

このような募集方法で採用しようとすると、1人の人材を確保しないことには会社がまわらなくなるのです。すなわち1回の募集で一人の採用を決めてしまわなければなりません。

本当に優秀な中途社員は会社を辞めません。会社もそんな優秀な社員を手放すことは大きな損失ですし、本人も厚遇を受けているため、わざわざリスクを犯して転職しようとは考えません。

中途市場にいる優秀な人材とは自分のキャリアアップや夢の実現のために次のステップに進もうと転職を試みる人です。この手の人材はそうそういつも中途市場にはいません。

hr shortage

採用方法

応募者が大企業に流れてしまう傾向がある中で、零細企業が取るべき対策とは、複数のメディアを利用して会社の魅力や求人情報を発信することです。
その際、掲載する情報についてもよく考えましょう。

大企業のように手厚くない福利厚生制度や、高くない給与面でマイナスな印象を持たれてしまう心配のある企業であった場合には、給与・福利厚生面以外の企業の魅力に志望者が心を動かされるようなアピールをしなければなりません。

また、優秀な人材は一生中小企業で働くことになにか自分なりの目的をもっていることが多いと言われています。
しかし、志望者の本当の目的を聞くことができている人事は案外少ないようです。

零細企業で勉強したいと考えている人を獲得できるところが、零細企業の強みですから、この強みをうまく利用していくためにも、背将来の目標について本気で語り合う機会を会社として設けましょう。

 

hr shortage

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です