人手不足の解消のために企業が対策するべきこと

Staff Shortage

人手(人財)不足に企業が対策すべきことは?

shortage of hr

近年、産業界全体で労働力不足が表面化してきております。

今後は更に顕著に現れ、労働力減少の一途をたどるであろうとも言われております。
日本総合研究所の試算によると、経済成長率を1%台半ばと想定した場合、15年に見込まれる日本での人手不足は520万人にのぼります。

この人手不足問題は、単に雇用という側面だけにとどまらず、日本経済全体の重要な局面の転換を意味しております。

このような人手不足時代に企業がどのように対策をすべきでしょうか。

人口の減少は既に始まっており、生産年齢人口といわれている15歳~64歳の人口は大きく減少しています。

今後もこの減少は続き、日本経済が縮小均衡に陥らないために経済が今後どのように運用されていくのか、企業における採用にに関して言えば、日本の人口は減少して、海外の方を多く人を採用していくことが進展するということになってきます。

人手不足の原因

人材不足が生じている企業に多い要因としては人材獲得競争の変化です。これは求人に対しての応募者数の減少や質の低下などが挙げられます。

しかし、近年、一部の企業では積極的に求職者を求める「攻めの採用」を行うことにより、採用の充足を図っています。たとえば、人事だけが採用を担っているという考え方を改めて全社員が、優秀な人を社員として迎え入れるような体制をとっている企業もあります。このような動きは、人手不足解消を人材会社や転職サイト任せにするだけではなく、企業が採用に当事者意識を持ち、会社の発展に貢献できる人材を見極め、一緒に働く仲間として責任と主体性を持って連れてくる、という一種の経営改革ともいうべき姿です。

しかしながら、経営陣や人事だけが日常の業務を抱えながら、さらに攻めの採用活動をしてすべての候補者を集めてくるのは、現実的には困難です。また、慢性的な人手不足産業の増加も大きな要因の一つとしてあげられます。その他にも離 職の増加定年退職者や再雇用も終えた完全退職者の増加なども挙げられます。これらのいずれも求職者の絶対数の減少が大きな原因です。

人手不足の対策

人手不足を生じている企業の対策として、採用方法の多様化や業 務のあり方の見直し等に積極的であることが多いようです。このような人手不足緩和に対する具体策として中途採用を強化することや採用対象の拡大を図る、インターンシップの受け入れを見直すなどの新卒採用の強化も対策として多く、業務の効率化を進め、募集賃金を引き上げるなども挙げられます。

しかしながら、こうした取り組に対する効果は未だ薄く、会社は対策を講じており、効果も現れて いるとする企業は少ないのが現状です。

外国人受入企業の増加

日本の企業にとって重要な課題である人材の確保。こうした中で見直されているのが、国境を越えた人材の獲得競争です。特に専門性の高い分野ほど国境を越えた人材の獲得競争が激化しています。ITの分野では特に外国人労働者の需要が高く、人手不足が深刻なエンジニアとして日本で働く方が多くなっています。

このような外国人労働者は重要な労働の担い手であり、またそのニーズも多様化しています。日本企業が外国人労働者を求める場合は、単純労働が多いようですが、就労制限を受けない永住者などを除き、国籍に関わらず、外国人の単純労働者の受け入れは法律上認められていません。しかしながら、単純労働に従事する外国人の労働力は「安く雇える調整労働力」の要素が強く、高い賃金を払えない企業や、日本人があまり好まない職種で人手不足に悩む企業では、利用しやすい労働力としてまだまだ欠かせない存在とされているのが実状です。

グローバル人材

近年、国内需要の低迷や新興国をはじめとする海外市場の活発化により、海外に目を向ける企業が急増しています。これらの企業にとって、海外の人と対等に渡り合って市場を開拓し、自社の成長につなげることができるグローバル人材の需要は高まってきています。その方策の一つとして、海外からの直接雇用や、海外の大学から呼び寄せ、日本式に教育するという企業も増加し始めています。近年、経済産業省でも、グローバル人材育成のための取組を推進しています。

worker of foreigner

外国人労働者数の推移(東京都)

外国人留学生

グローバル人材・外国人留学生を雇用するメリットについてご紹介します。

foreign worker

総人口と外国人人口の推移(東京都)

優秀な若手人材の確保

日本では採用が難しくなってしまっている「若手の優秀人材」を即戦力として確保が可能です。就労意欲があるので安定できる確実な労働力が得られます。

言語力

母国語と日本語が使え、3ヶ国語以上のマルチリンガルも珍しくありません。 そのため、外国人社員の母国の市場調査や日本人社員の海外渡航時の手伝い、外国人お客様の接客、翻訳・通訳などの本業以外の場面でも活躍が期待できます。

適応能力の高さ

異国で生活している外国人は新しい環境下でも柔軟に対応することができます。

ビジネス展開のしやすさ

母国と日本、二つの文化を理解しているため、相手国とのビジネスをスムーズに進めることができる「架け橋」となります。 将来、海外進出をする際に、その国の考え方や日本人では気付くことのできない細かな文化や慣習など相手国のリアル情報を事前に得ることができます。海外のネットワークや人脈も活用できるでしょう。 さらに高い語学力があることで、海外とのコミュニケーションを円滑に行うことが可能となり、外資系企業との取引の機会を得やすくなります。

社内の活性化

外国人社員は向上心が高く学ぶ意欲も高い人材が多いです。日本人とは異なる仕事への姿勢は、社内に良い刺激を与え、社員1人1人のモチベーションがアップし、職場の雰囲気も明るくなり、作業の能率も上がります。

新しいアイデアの創出

教育から文化まで日本人とは異なるため、日本人が気付かなかった問題点を発見したり、新しい発想や考え方をします。その中で、斬新なアイデアを創出することができ、また高い提案力で、新しい商品の開発に貢献するなど、様々な効果が期待できます。

 

このように、少子高齢化が進み、今後ますます人材確保が難しくなるといわれている中、グローバル人材が次世代を担う若手人材としてニーズの高まりを見せて、人材不足を解消する一手として期待されています。
Staff Shortage

外国人人材の採用ならエスノキャリア


国内外の新卒・第二新卒・中途採用・ハイキャリアなど豊富な外国人人材にリーチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です